はじめにして、さいごのことば。

あ、う、わ、ん。  

はじめにしてさいごにあった言にこころを開くにつれ、あなたたちに、真理が深まり、それと調和するようになる。 

実践してきた赦しに橋が架かり、それは、ひとつになる。

 「わたしは人の裡なる光である。わたしに従う者は闇を歩くことはない。わたしは世のひかりである」(心身の神癒Ⅴ94) 

 自灯明、法灯明・・・。 

ほんとうのあなたをよりどころにしよう。 

実相をよりどころにしよう。 

真理をよりどころにしよう。 

それは、何も分かれていない。 

そこには、何も恐れはない。 

ただ、歓びだけがある、しずかなる歓びが。 

そこにしがみつくことなく、とどまりなさい。 

ただただ無邪気に戯れなさい。

  はじまりにしておわりの、はじまりも、おわりもない、久遠のなかに。 


聖霊は最上位のコミュニケーションの媒体である。奇跡はそうした種類の親交を含まない。なぜなら、奇跡は一時的なコミュニケーションの仕組みだからである。あなたが直接の啓示による神との原初のコミュニケーション形態に戻ったときには、奇跡の必要はなくなる。 (T1:Ⅰ46) 

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000