この世は、すべてさかさま、あべこべ、さかさになって観てみよう。

なぁ~んだ。キリストの生誕は、キリストの復活だった。

磔ばっかに目をとられて、復活から目をそらす。 

 奇跡の復活からね。 


 誕生日の誕って?


 ・・・

 1.子をうむ。うまれる。 「誕生・誕辰(たんしん)・降誕・生誕・聖誕祭」 2.でたらめを言う。でたらめ。また、でたらめを言ってあざむく。 「虚誕・妄誕・荒誕」 

・・・


 この幻想の社会に眠っていく。


そして、 命日。 


 目覚めの日。 

 何かが死んだという幻想から目覚める日。 

 泣いて生まれて、息を収めて、生き返る。 

 あれあれあれ??? 

 この世はすべてパラドックス。 

いのちはすべてフラクタル。 

 歓喜という、雛形。 

 肉体から離れないと、そうならないっていうのも、またおつむの戯言だ。  

いきながらにして、目覚める。 

 この世が幻想だとわかっていながら、この幻想を戯れる。 

もし、イエシュアが経営者だったら、愛と赦しから社会を復活させるだろうね。  

さて、さて、あなたは、どういかされていくのでしょうか? 

深刻そうなおつむの戯言がもし入ってきても、もう、見極める必要すらない、大丈夫だね(笑)  

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000