すべてが充ち満ちて、与えあって、いこう。

買い物をするとき、支払うのでなく、受け取っていると、感じたことありませんか? 

コンビニで支払うとき、横の募金箱に募金したこと、ありませんか? 

 与えることは、受け取ること。 

 与えることは、すでにそれが見出されていること。

まわりてめぐる。

循環していく。  


むかしむかし、「一」をありがたく受け取ったものがいました。

 「一」を得て、天は清らかに、なりました、 

 「一」を得て、地は穏やかに、なりました。 

「一」を得て、神に霊――いぶき――が吹き込まれました。 

「一」を得て、海は充ち満ちて、溢れました。 

「一」を得て、森羅万象は、蘇りました。 

 これらすべて、「一」によってこうなりました。 

 清らかでなければ、天は裂かれるだろうし、 

 穏やかでなければ、地は揺れるでしょう。 

 霊的でなければ、神は砕けてしまい、 

 充満してなければ、海は干上がってしまうでしょう。 

蘇ることがなければ、森羅万象は消滅するでしょう。 

すべてを持つものが与えるのです。 

 そしてすべてを持つものが受け取るのです。 

 それは、ほんとは同じことなのです。  

 奇跡は癒しである。それは奇跡が欠乏を補うからである。奇跡は一時的に多くを持つ者より、一時的に少なくもつ者のために、為される。 

」(T1:Ⅰ8) 

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000