こころの禊(みそぎ)って、もう苦行はいらないってきづくことなんだ。

年末押し迫ってきたけど、年末という物語もまた、一休み。

こころをそのまんなかに、鎮めて、気持ちをひとつにしてみよう。

あれやこれや、あっちこっちに惑わずに、耳で聞くのでなく、心で訊こう。

そうそう、心で訊くのでなく、氣(フィーリング)で訊いてみよう。 

耳で聞くのを止めて、また、あれやこれやと心で思い描くのも止めよう。 

止めるといっても、それは閉じることではないんだ。

からっぽにして、すなおに、外へひらいておこう、

すべてを受け入れて自由になろう。

受け入れることと受け止めること、受け流すことの違いを感じてみよう。 

そこに深刻さはある、ない? 

そこに恐れはある、ない? 

どっちでもいい、まるごと、そのまま感じてみよう。 

そして過ぎ去るものを過ぎ去るままにしておこう。 

ひらかれた受け身のこころ、これが、こころの禊だ。 

祓うとは、こころの目を、こころの耳を全開にすることなんだ。

空を感じてみよう、光が充ち満ちている、空、やすらぎにつつまれている。


 「人は流れる水には己を映さず,静止した水に映す(鏡とする)ものだ。そのように,自ら静けさを保つ者だけが,不動の心を他人にしみ通らせることができる」 


みんなが、ひととして、この現象のなかに受けた生は、歓喜の源泉だ。 

いま、この瞬間は、創造主の御心のなかだけにあるんだ。

これまで幾多と繰り返してきた変転のただなかには、恐れではなく、静かなる歓びがいまこの瞬間にある。 

聖霊は、すべてのなかから歓びを見出す、そして、すべての中から愛を見出す。 

誰もが、長寿や短命、栄枯盛衰、生老病死のならいを優雅にまるごと受け入れるならば、すべての変転きわまりない源泉である創造の真髄=潜象があなたに重なり合ってくるだろう。

そして、そんなあなたには、ほんとうのよろこびを何も通さず、そのまま感じるという奇跡が起こるだろう。 

恩寵。 

これまで見たこともない、訊いたこともない、それ。 

それは、働きも、形も無い。

それは誰かに伝えようとしても、誰も受け取ることができない。

それは体得されても、見ることはできない。

それは自らの裡に根拠をもち、自らに根差している。 

 答えは、外にないんだよ、内を覗いてごらん。 

答えは、外に探しても、見つからないでしょ?

足元を照らしてごらん。 

天地が創られる前から、みえない聖なるちからは、いつもあったし、いまもある。 

 奇跡は真理を証とする。奇跡は確信をもたらすが、それは奇跡が確信から生じているからである。確信なしでは、奇跡は魔術になりさがる。魔術には心が伴わず、したがって破壊的である。あるいは、心の非創造的な使用とも言える。

 」(T1:Ⅰ14) 

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000