「とき」というまぼろしをつかって、ゆるしていこう。

いずれ誰もが、あきらめるどころか、すべてが手に入る、

いやもう入っていることにきづくことになるんだ。

すべてというのは、言葉(制限)で表現しきれるものではまったくなく、観たことも、聞いたこともない、驚嘆そのものなんだ。

誰もが、ときとともに、生きていく。 

現在、過去、未来と、まっすぐ生きているように信じている。

でも、実際は、それは直線のように見ようとしているだけであって、直線でない。 

まわりてめぐる。 

自転、公転、螺旋運動、螺旋の端から端までを直線と観ているだけなんだ。 

現在、過去、未来は、直線ではなく、螺旋運動だ。 

未来から過去へ、時間は流れている。 過去から未来は、時間は流れている。 という、幻想。 


 消えろ、消えろ、つかの間の灯火(ともしび)!人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ、舞台の上でおおげさにみえをきっても、出場(でば)が終われば消えてしまう。白痴(はくち)のしゃべる物語だ、わめき立てる響きと怒りはすさまじいが、意味はなに一つありはしない。 

『シェークスピア マクベス第五幕第5場』  

古今東西の覚者は、ある時にはメロディに、ある時ははダンスに、ある時は演劇に、さまざまな方便とつかって、それを伝えようとしてきたんだ。  

その宇宙は、夢なんだよ。 

その宇宙を観ようとしているから宇宙はあるだけなんだ。 

そもそも宇宙なんて、幻想なんだよ。 

 宇宙、という概念を信じて、観ようとしているだけ。 

 師走の夜の夢。  

一番、面白いのは、ものごとはすべてあべこべだっていうこと。 

深刻そうに見えるそれは、歓喜に満ち溢れ、その歓喜もまた、歓喜になかに消えていく。  

消滅していくということ、 

生起するということ、 

信じるから生起するんだ。 

信じないから消滅するんだよ。 

信じる、信じない。ただ、それだけですべては「点滅」を繰り返すんだ。 

 無量光、点滅のおわり。

 人の目が見たこともない、人の耳が聞いたこともない、それ。  

時間という幻想を使って、赦すとき、点滅は、おわる。 

それは、おわり、それがはじまる。 

 歓喜が歓喜のなかにひろがっていく。  


毎日が奇跡に捧げられるべきである。時間の目的は、あなたが時間を建設的に使う方法を学べるようにすることである。したがって、それは教えるための仕組みの一つであり、目的達成の手段である。もはや学習の促進に役立たなくなったとき、時間はなくなる。

」(T1:Ⅰ15) 

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000