その考えがなかったら、何が問題なんでしょう?

恐かったのは、私自身だったんだ。

それがふと俯瞰したときに、だんだんその恐さから枠が外れてきた感じがした。 

何が怖かったんだろう。 

何を恫喝しつづけてきたんだろう。 

離ればなれ、孤独、捨てられること、何かから。 

そこと真正面から向き合うことをさけて、あるときは、起業、ある時は飲酒、あるときは・・と外を忙しく、忙しくして、そして外を咎め、裁き続けることで、 実は、自らを咎め、裁き続けてきたんだ。

虚空から、その輪廻――カルマ――が、止んだ。 

しばらくは、その――恐怖という――虚像は、残って、外側のスクリーンに映し出されたけど、だんだんそのエネルギーは減衰して、過去参照のこころの動きは、少なくなってきた。

ただ、自我観察をつづけているだけで、観るだけで。 最初は、ありがとう、愛している、を繰り返したり、手放しますかと意図的に感情を手放したり、いろんな道具は使っていたけど、そのうち、道具そのものを(使う誰か)が離れたり、出てきたり・・・。  

昨年、8月8日、突然しらふになった。 その後も、過去を後悔することと、未来を不安に思うことで、恐かった私自身は訪ねてはきているけど、懐かしいけど新しい、機能であり機能でない、存在。

 「聖霊、観音、根源・・・」名付けると、色あせる、その存在。 

すべてを包み込み、肯定して、愛だけの、その存在。 

うすらうすら、招きつつは突き放し、そして、完全に、先導してもらおう。 

みこころのままに。 

 自分が自分に恋に落ちる・・・とき、自分が自分を諦める。  

そうだと思ってきたすべてを諦める。 

 恐いって、無意識の比較と判断だったんだ。 

無意識に起こっているから、どうすることもできず(と錯覚して)、途轍もなく得体の知れない恐さと闘ってきた氣がする。

バトルゲーム、かくれんぼ遊び、闘ってきた氣がしたのは、ただの戯れ、あそび。 

そこに深刻さは、ない。 恐いって、深刻さを真に受けることだったんだ。 

個人的行為者は消えて、全一的な聖なるシナリオが起動する。 

あなたはその登場人物となりただ、演じているだけ。 

気をつけることは、誰もが創造主という観念だ。

 自分さえよければいいと、幻想の豊かさを引き寄せようとする主。

諦める。 諦めることは、我慢することでなく、解放されることだ。 

そこにはなんの犠牲もない。

ただ、あかるみになることだ。 

在るがまま、ただ、在るがまま、私は生きている。

私は存在している、わたしと思っているわたしでなく、わたしそのものは、いま在る。 

すべての恐れは、単なるこころの投影、過去の記憶によるものだ。

それが、個人的な記憶のように見えていたものも、集合的な記憶が個人に投影されている。

 その恐れは、あなたのせいであり、あなたのせいでない。 


その考えがなかったら、何も、恐れるものなどない。 

 いまこの瞬間に還る、ただそれだけで。 

 考えは、今この瞬間に還ることを、現実逃避だという。 

 過去、未来に逃避行しながら(笑) 

 その考えがなかったら、何も、恐れる必要などない。

 

 奇跡は恐れからの解放を獲得するための方法である。啓示は怖れがすでに廃されている状態を引き起こす。したがって、奇跡は手段であり、啓示は目的である。 

」(T1:Ⅰ28) 

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000