もどかしさ、って何なんだ?

大切なこと、忘れさられたこと、感じ、味わい、思い出していこう。  


大切なことから、いつも目を背けるような訓練をつづけていたような気がする。  


蓋へのもどかしさ。


という、虚偽。


蓋を開けると、とんでもないものがあるような、恐ろしさ。


という、虚偽。


今、何か知らせたいことがある。 


 伝え忘れた何かがある。 


 という、恩寵。


が受け取れるよう準備が整ったような気がする。 


大切なことを、いまだから伝えたい。

 飼い馴らされた習慣には、それはわからない。 

わからなく、逸らせるように、逸らせるように、社会は出来上がっている。 

聖なる催眠。

逸らせるようにつくられたうちなる闘いが、社会に投影されている。

闘いを観るのは、もうやめよう。 

 闘いのむこうに、ある何かを、感じてみよう。 

 習慣は、習慣によって、取り消されていく。 

 日々、新たに、なっていく。 

 もう、何も、学ぶ必要はない、 

 忘れていくことは、思い出していくこと。 

 おわっていくことは、はじまっていくこと。 


 「 どの奇跡も決して失われることはない。それはあなたが出会ったこともない多くの者たちにまで届き、あなたに自覚さえない状況で、思いもよらない変化を生み出すこともある。 」(T1:Ⅰ45) 

無邪氣に、生 ~ ミラクル・ワーカーはじめの一歩 ~

この人生、夢幻に眠り悪戦苦闘の50年。たましいの闇夜という変容のトンネルをひかりに向かって運ばれて、夢幻からじわりじわりと目覚めかけたこの瞬間。あらたな生が無邪気に躍動していくさまを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000